優秀なビジネスマンになってかっこいい上司を目指そう!

 

優秀なビジネスマン

 

優秀なビジネスマンは見た目が良いものです。もちろんそれは金銭面ではなく、いかに清潔感にあふれているかということ。清潔感あふれる身だしなみは部下をはじめ取引先の信頼を獲得することにつながります。あなたは勘違いしやすい偽ビジネスマンになってはいませんか?

 

信頼獲得のカギ「身だしなみ」

 

身だしなみというのは何もオシャレという事ではありません。我々ビジネスマンにとって身だしなみというのは非常に大切なのです。

 

そして、我々の身だしなみというのは最終的にはできる人という印象付けることが一番大事なのです。

 

勘違いビジネスマン

 

ですので、おしゃれ=できる人という結果に結びつくことはありません。

 

そして、おしゃれ=高級ブランドという考えも間違っています。

 

できるビジネスマンに見えるようにするのはどういう方法があるのでしょうか。

 

大前提として、しわしわのスーツにアイロンをかけるやボサボサの髪型を整える等の答え以外です。

 

部下からもすごいと思われるできるビジネスマンに見せるためには

 

できるビジネスマンに見られるために皆さんがよく勘違いしてしまうことは、身だしなみに時間をかけすぎるということです。

 

それこそ先程言ったおしゃれ=できる人や高級ブランドに身を包まなければならないと思っている人が大多数だと思います。

 

ファッション雑誌を毎月購入し、取り引き先の相手に良い印象を持ってもらうために肌の手入れでエステサロンに通うという間違った方向に力を入れている人が非常に多いのです。

 

できる人というのはおしゃれで勝負するのではありません。

 

頼れるそして清潔感で活発的な印象を与えることでビジネスマンとしてできる男と認定されるのです。

 

おしゃれの多額の金銭投資は不利

 

おしゃれでもビジネスは成功するかもしれませんが、おしゃれというのは人それぞれ概念が違いますから幾ら時間をかけたといってそれがあなたにとってマイナスに働くことだってあるのです。

 

そのかけすぎたお金で取り引き先に出向いた際は、はっきり言って相手に不快な印象を与えてしまいます。

 

それにより出資していただけないなどという気分にさせてしまったらもう最悪です。

 

もちろんこれは我々のようなごく一般的なサラリーマンの話ですがファッション業界等のビジネスではこの限りではありません。

 

できる人間とはいたってシンプルなもの

 

優秀なビジネスマンに見られる方法!成功する身だしなみとは

 

身だしなみを整えてできる男とみられるためには非常にシンプルなことのです。

 

おしゃれに気を使うというよりは清潔感があり、好印象を与えているかどうかを客観的に見るだけなのです。

 

おしゃれではなく、デキる男の身だしなみとは

 

できる男に見られるためには、取り引き先に向かう際のスーツや靴などが絶対的に必要です。

 

ただし何回も言います高価であればいいという問題ではありません。

 

スーツを選ぶ際に一番気にして欲しいのは、そのスーツを着て行く時には誰と出会うのか

 

つまり購入するときはその取り引き先の相手の顔を思い浮かべて購入することが良いのです。

 

もしくは部下からも信頼を寄せられるような格好をしたいのであれば、その部下のことを思い浮かべて購入すると良いです。

できるサラリーマンはこういいます。

 

スーツは自分のために買うのではない。相手のために買うものだといいます。

 

もちろん着るのは自分なのですが。

 

謝罪に行く場合、おしゃれと清潔。気持ちが伝わるのは?

 

もちろんビジネスをしている以上、すべてうまくいくわけではありません。

 

取り引き先などに謝罪に行かなければならない時もあります。

 

その際に変な服を着ていったら同行していった部下や意識先の相手方にどう思われるのでしょうか。

 

例えばカラースーツ

 

こうなってしまうと部下からはこの人は頭がおかしいのか。、取り引き先の相手からは謝る気があるのかと思われてしまいます。

 

どんなに真剣に謝ろうと思っても見た目が伴っていなければ全く意味を成さないのです。

 

もちろんそんなカラースーツで部下に注意したとしてもその言葉には、何の威厳もありません。

 

明らかな高級スーツは我々は手を出さなくてもよい

 

高級な服を身につけて自分が稼いでる男だと誇示することもあります。

 

それはブランディングの一つなので我々サラリーマンがやるべき事ではありません。

 

あなたの身だしなみはどうでしょうか?

 

ずっと使っているボロボロのスーツを身につけていませんか。

 

おしゃれすぎるスーツも問題外ですがボロボロのスーツも問題外です。

 

そんな見た目では仕事がどれだけ出来たとしても、取り引き先に不快な思いをさせてしまいます。

 

部下からの信頼もなくなります。

 

一度あなたの身につけているもの客観的に見てみてはどうでしょう。

 

トップページで理想の上司になる方法をまとめています

 

 

関連ページ

男の身だしなみは仕事に影響!
男の身だしなみは仕事に影響します。それはもちろん出世や後輩から慕われない原因となります。あなたは清潔感のある格好しているでしょうか。よく考えてみてください。汚い格好の人と清潔感のある人、どちらが仕事が出来そうな人間に見えますか。身だしなみの重要性を解説していきます。
上司の見た目でできる部下が育つ
上司ができる部下に育てるためには上司の身だしなみが重要となります。部下は上司の背中を見て育ちます。あなたが小汚い格好をしていれば部下もそれを真似してしまいます。できる部下の育成法はあなたの外見で決まるといっても過言ではないのです。
部下に好かれるためにはイケメンでないとだめ?
部下や後輩に慕われたい。でも自分は不細工だしこんな男に誰もついてこないだろう。あなたはそう思っていませんか。実はイケメンであるかどうかは正直関係ないのです。部下や後輩に慕われることに必要なのは不細工イケメンどうのこうのではなく、何よりも好印象ということが大事なのです。